サーフィン

サーフィンが上手くなるには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サーフィンが上手くなるには・・・

目次

  1. 私の体験談
  2. 知っておきたい理論
  3. 上手くなるには
  4. パドリング
  5. テイクオフ

私の体験談

体験から得た、私のアイデアを紹介します。

未領域のライン

想像もしなかった、未領域のライン・・・

迫りくるリップ

波が崩れ落ち、行く手を遮ろうとしています。(↓赤矢印)

「岸の方へターンし、ライディングを終了させよう。」というのが、いつもの意識と行動。

でもそれは、私の固定観念でした。

落ちてくるリップに、ラインを想い描くものがいたのです。

リップに立ち向かった様子がトラックとして残り、サーフボードは天を向いています。

ライダー:seed

 

ちなみに私は・・・

迫りくるリップにびびって、この後ワイプアウト。写真でみれば・・・ラインを描く余地が、たっぷりありますね。

ほれた波のテイクオフ

ほれてる波に乗るのって、かなり難しいですよね。

ライダー:UTR

お手本ライダーと、私を見比べてみると・・・


波をつかまえた時の、サーフボードの向きに違いがあり・・・どうやら、ノーズを下に向けることが大切なようです。

かといって前足重心だと、ボトムに突き刺さってしまうので・・・おそらく、後足重心のまま手でノーズを押さえているんだと思います。


そして・・・垂直に切り立った波の面にへばりつくように、片手を噛ませています。


崩れ落ちてくるリップに捕まってしまうと・・・

残念な結果となるので、ご注意を。

上半身先行

下半身で、踏ん張っていた頃の私。

上半身を、先行させるようになってからの私。

上半身が板の外(進行方向)に飛び出し・・・その重さを利用することで、自然にレールが深く入るようになりました。

無意識を使う

私が実践している、無意識の使い方は・・・

理解させる

私にとってサーフィンの目的は、快楽を得ることです。その快楽をより長く/多く得るためには、ハイスピードで自在に動く技術が必要でした。そのスピードと自在さは、波のパワーゾーンに居ることで叶えられると(自分の脳も)理解しました。

視線を向ける

波の性質として、ボトム⇒バレル⇒リップの順に巻き上げる力(パワー)が集中していきます。ボトムに降りるほどパワーは無くなりますし、波が切り立つ所ほどパワーがあるわけです。そこで私はサーフィン中ずっと、波に視線を向ける(波の様子を観察する)ことにしました。

サーフィン テイクオフ

無意識の働き

波の観察に集中するだけで、ほかは何も考えません・・・それでも脳みそ(無意識)が働きだし、勝手にカラダが動いたのです。ボトムにいるならリップを目指し、バレルが緩斜面になれば急斜面に戻ろうとします。その動きは、意識的に動作している時よりも、滑らかで自然で理にかなったものでした。

経験値が増える

失敗してもその記憶や体感覚が残っているので、改善のアイデアが湧きます。目的や視線が定まっていなかった時よりも、たくさんの経験値が得られている気がします。

知っておきたい理論

とても大切だと思う理論を、私なりにまとめました。※正誤については要確認。

パドリング

肩甲骨から動かす意識。

テイクオフ

波のキャッチ

波のピーク(崩れはじめる所)を確認&予想しながら、

スタンス

あらかじめ決めた位置に、きっちり後足を置くことが大切。すぐに動き出せる(ターンを開始できる)ように。

スピード

板を沈めることでその反動、反発力(浮力)を得る。

ターン

後足に重心があるほど、素早いターンが可能になる。

上手くなるには

最も早く、サーフィンが上手くなるにはどうすればよいのでしょうか。

試行回数がすべて

1回試して上手くいかないなら、たくさん挑戦して成功させればいい。才能に違いはあれど、挑戦を重ねるたびにあなたは上達していくはずです。

上達=試行回数

試行回数は、そのまま上達につながります。才能は、関係無いでしょう。

上手=試行回数×才能

ちなみに、才能があれば・・・上達が早いので、プロサーファーになることも可能かも知れません。

上達とは変化

「できなかったことが出来るようになる」、この変化を上達と呼びますよね。

だから、もしあなたが上達を望むなら・・・あなたの意識や行動を変える、つまり ”できないこと” や ”やっていないこと” を試していく必要があると思います。

いまのあなたの予測に反していたとしても、です。

練習の順番

パドリングが上達すればたくさん波をつかまえられるようになるので、テイクオフの練習がたくさんできます。

テイクオフが上達すればたくさん波に乗れるので、ボトムターンの練習がたくさんできます。

そしてボトムターンが上達すれば、リッピングを成功させる確率も高くなります。

ボトムターンやリッピングをたくさん練習をするためには、まず波をつかまえる(=効率的なパドリングをする)必要があるのです。

パドリング

パドリングが上達するほど、たくさんの波をつかまえられるようになります。

効率的なパドリングに、挑戦してみてください。

沖に出るコツ

海はプールと違って、潮の流れがあります。

沖から岸へ向かって流れる潮に逆らって、沖に出ようとしていませんか。

疲れないパドリング

急ぐ必要のない時に、腕や肩に力を入れてパドルしていませんか。

スピードが出るパドリング

瞬発的な力が必要な場面で、悠長なパドルをしていませんか。

テイクオフ

テイクオフが上達するほど、たくさんの波に乗れるようになります。

室内練習法

安定する秘密

横に走るコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す