サーフィン

サーフィンが上手くなるには|友人の教え&私の体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サーフィンが上手くなるには・・・
体験から得た、私のアイデアを紹介します。

目次

  1. サーフィンの力学
  2. パドリング
  3. 波をつかまえる
  4. テイクオフ
  5. 加速と減速
  6. ターン

サーフィンの力学

板をおさえる

パドリング

「肩甲骨から動かせ:inspired by junya」

波をつかまえる

ピークの確認&予測

「波のピークにひっかけろ:teached by STS」

テイクオフ

手をつく箇所

ほれた波でのテイクオフがどうしても出来なくて、私は友人に相談しました。

すると彼は、「手をずらして着き素早く立て:teached by KSR」と。それまで私は、並行に手を着いて立っていたのですが・・

ほれた波では・・①かなり素早く立つことが重要で、②その為には両手の着き方に工夫が要る、ということなんですね。

KSR

教えの通り、ずらして手をついてみると・・あら不思議! 素早く立てるようになりました。通常のテイクオフができる方なら、この違いはすぐに体感できると思います。

レギュラースタンスなら、右手を手前につき・・グーフィーなら、左手を手前につきます。

加速と減速

ターン

上半身先行

ターンが思うようにできない、と悩んでいた時に・・「上半身を先行させろ:teached by yahman」と、友人から教わりました。

足に力をいれ頑張っても、動かなかったサーフボードが・・上半身の重心(重さがかかる場所)を変えるだけで、あっさり操れるようになったんですね。

下半身で、踏ん張っている私・・

下半身は意識せず、上半身を(行きたい方に)先行させている私・・

サーフボードの傾き(レールの沈み)が増え、ターンが上手くなりました。

ほれた波のテイクオフ

ほれてる波に乗るのって、かなり難しいですよね。

ライダー:UTR

お手本ライダーと、私を見比べてみると・・・


波をつかまえた時の、サーフボードの向きに違いがあり・・・どうやら、ノーズを下に向けることが大切なようです。

かといって前足重心だと、ボトムに突き刺さってしまうので・・・おそらく、後足重心のまま手でノーズを押さえているんだと思います。


そして・・・垂直に切り立った波の面にへばりつくように、片手を噛ませています。


崩れ落ちてくるリップに捕まってしまうと・・・

残念な結果となるので、ご注意を。

未領域のライン

想像もしなかった、未領域のライン・・・

迫りくるリップ

波が崩れ落ち、行く手を遮ろうとしています。(↓赤矢印)

「岸の方へターンし、ライディングを終了させよう。」というのが、いつもの意識と行動。

でもそれは、私の固定観念でした。

落ちてくるリップに、ラインを想い描くものがいたのです。

リップに立ち向かった様子がトラックとして残り、サーフボードは天を向いています。

ライダー:seed

 

ちなみに私は・・・

迫りくるリップにびびって、この後ワイプアウト。写真でみれば・・・ラインを描く余地が、たっぷりありますね。

無意識を使う

私が実践している、無意識の使い方は・・・

理解させる

私にとってサーフィンの目的は、快楽を得ることです。その快楽をより長く/多く得るためには、ハイスピードで自在に動く技術が必要でした。そのスピードと自在さは、波のパワーゾーンに居ることで叶えられると(自分の脳も)理解しました。

視線を向ける

波の性質として、ボトム⇒バレル⇒リップの順に巻き上げる力(パワー)が集中していきます。ボトムに降りるほどパワーは無くなりますし、波が切り立つ所ほどパワーがあるわけです。そこで私はサーフィン中ずっと、波に視線を向ける(波の様子を観察する)ことにしました。

サーフィン テイクオフ

無意識の働き

波の観察に集中するだけで、ほかは何も考えません・・・それでも脳みそ(無意識)が働きだし、勝手にカラダが動いたのです。ボトムにいるならリップを目指し、バレルが緩斜面になれば急斜面に戻ろうとします。その動きは、意識的に動作している時よりも、滑らかで自然で理にかなったものでした。

経験値が増える

失敗してもその記憶や体感覚が残っているので、改善のアイデアが湧きます。目的や視線が定まっていなかった時よりも、たくさんの経験値が得られている気がします。

知っておきたい理論

とても大切だと思う理論を、私なりにまとめました。※正誤については要確認。

ボードバランス

腹ばいになってサーフボードに、”バランス良く”乗る練習。バランスが良い状態は、自分の体重でサーフボード全体を均等に沈めることで実現できます。

左右に偏って乗ると転覆、前後に偏ってもバランスを保てません。波の無いところで、バランスを保てるか確認してみましょう。

サーフボード上でバランスを保てないと、パドリングも上手くいきません。

パドリング

サーフボード上で腹ばいになり、両手を使って漕ぐ(パドリング)練習。

バランス良くサーフボードに乗っていないと、いくらパドルをしてもなかなか前に進みません。また肩甲骨から回すように漕ぐと、疲れにくくなるでしょう。

パドリングができなければ、波をつかまえることはおろか岸に帰ることすら困難になります。

滑るタイミング

テイクオフ

波のキャッチ

波のピーク(崩れはじめる所)を確認&予想しながら、パドルして波をつかまえます。

スタンス

あらかじめ決めた位置に、きっちり後足を置くことが大切。すぐに動き出せる(ターンを開始できる)ように。

スピード

板を沈めることでその反動、反発力(浮力)を得る。

沈めやすいテール
縦に沈める

ボードを深く沈めるなら、レイルを縦方向に沈めるといいかも知れません。

ターン

後足に重心があるほど、素早いターンが可能になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す